医薬品ネット販売は賛否両論

医薬品ネット販売に対しての議論は賛否両論だったりします。

医薬品ネット販売に対して賛成派も存在すれば反対派も存在します。

どちらが正しくて間違っているのかは簡単に判断できませんが、相手方の意見をしっかりと聞いて挙げる姿勢は大切ですよね。

そうしなければ、双方が納得できる方法が何時までたっても見つからないかもしれません。

医薬品ネット販売の反対意見では、薬剤師のいないショップが薬の販売をしているのではないのか?

と疑問に感じる人もいるらしいです。

けれど、どうやら医薬品ネット販売でも、しっかりと薬剤師は存在しており、薬の管理を行っているようです。

そもそも薬剤師がいなければ薬を手に入れる事も薬局を開く事も不可能であるらしいので、薬剤師のいないショップは非合法だと言えますでしょう!

その次に議論として挙がるのが、顔の見えないネットでの販売では、偽薬が流通しやいという不安だったりします。

確かに海外が運営しているショップの場合、偽薬が存在している場合もあるようです。

けれど、ネットでの販売=偽薬が集まるという考えは必ずしも成り立たないと思います。

最後は利便性と安全性についてです。

利便性が向上すれば安全が脅かされるという考えも、必ずしも正しいとは言えません。

確かにインターネットの普及により、悪質業者が動きやすくなった背景はありますが、医薬品のネット販売も規則や法整備を徹底すれば、回避できるのではないか?と個人的に私は思いました。

医薬品のネット販売では上記の事柄以外でも、様々な意見や疑問が存在していたりします。

例えば、ネット販売では実際に手に取りそれを把握する訳ではないだけに、直で入手する際よりも安全性が低いという意見です。

確かにインターネットの販売で知りえる情報は、サイト上の情報だけであります。

けれど、病院で薬を処方される際にも私達はそこまでその薬に対しての知識は無かったりするのではないのでしょうか?

これも私意見ですが案外医師が処方しているから正しい・・・という意見で止まっている可能性があります。

ならば、インターネット販売でも、そのサイトも同様な信頼性があれば私達は安心して薬を入手できると私は思います。